ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の交換を自分で行うリスクとは

●給湯器の交換を自分で行うリスクとは

●自力で行うとトラブルが発生する危険性がある
自力で行うとトラブルが発生する危険性がある

給湯器が故障したため、自分で交換しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
自力で交換した方が、業者に依頼するよりも費用がかからないといったメリットがありますが、リスクも伴うということを忘れてはいけません。
どのようなリスクがあるのかを知った上で、自分で行うべきか業者に依頼した方がいいのか見極めることが大切です。
給湯器の設置自体は自力で行うことは可能です。
DIYが得意な人はチャレンジしてみたいでしょう。
しかし、設置する際に配管を間違えるといったリスクが存在します。
注意事項も多く、間違った方法で作業をすると思わぬトラブルに発展してしまうリスクがあるのです。
また、ガスや電気については資格がないと接続してはいけません。
DIYが得意だからといって資格を持っていない人が行うことはできないため、必ず業者に依頼をしてください。

● 素人が難しいと思う作業もある
素人が難しいと思う作業もある

DIYが得意な人でも給湯器の交換作業には、難しいと思うポイントが多々あります。
そのため、諦める人も少なくありません。
特に、配管には様々なパーツを使って接続しており、古い鉄の配管が用いられている場合は簡単に取り外すことはできないでしょう。
フレキ管で接続している場合は取り外すことはできるかもしれませんが、無理やり外そうとして力をかけすぎると、根本から折れてしまう危険性もあります。
他にも架橋ポリエチレン管やポリブデン管などがありますが、専用のものを使わなければ接続することができず、そのことを知らないまま作業をすると大変なことになってしまうのです。
このように、素人が自分で行える部分と資格の持ったプロが行う範囲が分かれています。
電気回路のように複雑な要素はありませんが、配管の種類を把握したり、モンキーレンチやドライバーなど様々な工具を用意しなければなりません。
日頃からDIYを行っている人は工具を持っているでしょう。
しかし、全ての作業を自力で行うと失敗したり、手を出してはいけない作業まで行ってしまう危険性があるため、注意しなければなりません。
トラブルが起きないためにも最初からプロにお願いしたほうが安心です。