ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の故障を見極めるサインとは

●給湯器の故障を見極めるサインとは

●壊れる前に見極めよう
壊れる前に見極めよう

給湯器が故障すると生活に欠かせないお湯が使えなくなるため、暮らしに影響を与えます。
しかし、故障のサインを見極めることができれば、お湯が使えない状態になる前に対処することができるため、サインを把握して適切に見極めることが大切です。
サインはいくつかありますが、一つは温度が不安定になることが挙げられます。
シャワーを使っている時や洗面所でお湯を出している時に、急に冷たくなることがあるのではないでしょうか。
温かくなったり冷たくなったりするのは、壊れる寸前です。
使いにくいと感じながらも、まだ使える状態であれば放置する人も少なくありませんが、いずれ給湯器の機能が完全に停止して、水しか出なくなる恐れがあります。
温度が不安定だと感じたら、すぐに業者に相談をしてください。

● 大きな事故につながる危険性もある
大きな事故につながる危険性もある

設定した温度にならないという現象も要注意です。
これは、故障して正常に稼働していない可能性があります。
何度か続くようであれば、お湯を沸かす機能が停止して使えなくなってしまう恐れがあるため、早い段階で交換しましょう。
他にも異音が聞こえるケースがあります。
正常に稼働している時もボッという音やブーンと聞こえますが、爆発音や本体の内側から殴った時のような異音、ピーという共鳴音のような高音が聞こえた場合は気をつけてください。
内部が破損していることや、不完全燃焼が起きて大事故につながる危険性があります。
音が聞こえるだけで、まだ使えると思いがちですが、最悪の場合、窒息事故や中毒事故が起きます。
大きなトラブルを回避するためにも、放置してはいけません。
このように、様々なサインがありますが、修理して改善する場合と交換しなければならないケースがあるため、正しく見極めるためには業者に相談をして最善の対処法を提案してもらう必要があります。
給湯器一台を買い替える際にはお金がかかりますが、寿命を迎えているものは修理しても再びトラブルが発生する恐れがあり、何度も直していると修理費がかさんで買い替えた方がお得になる場合があるのです。
間違った判断をしないように相談してみてはいかがでしょうか。