ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

次世代の給湯器で光熱費を削減

● 次世代の給湯器で光熱費を削減

●コストを削減したい家庭にお勧めのタイプ
コストを削減したい家庭にお勧めのタイプ

毎月の光熱費代が高く、悩んでいる家庭もあるのではないでしょうか。
雪が降るような寒い地域では、電気の使用量が多くなりがちです。
その場合は、給湯器を買い替えると改善される可能性があります。
近年、ハイブリッド型の給湯器が登場しており、ランニングコストを軽減したり最小限のエネルギーだけを使って稼働できたりするタイプが増えてきたのです。
光熱費を削減するためにハイブリット型の特徴を知った上で、検討してみてください。
大きな特徴は、電気とガスの両方を使用することです。
ただ2つを使っているだけでなく、電気のメリットとガスのメリットを掛け合わせて稼働することによって、通常のものよりも少ないエネルギーで稼働するというものです。
例えば、電気を使う場合は少ない電気量で効率よく動き、ガスを使う時は使いたい時間帯にいつでもお湯が出せるようになります。
また、寒い地域でも電気以外にガスの力を借りることで、エコに稼働させることができます。
このように、上手に2つを使い分けることで、オール電化を取り入れていない家庭も省エネ効果を得ることが可能です。
検討してみてはいかがでしょうか。

● どれくらいカットできる?
どれくらいカットできる?

ハイブリッド型はどれほど光熱費を削減できるのか気になる人もいるでしょう。
給湯器一台を購入して設置するにはお金がかかることであるため、あまり効果を得られなかったということがないように、事前に知っておくことが大切です。
状況によって異なりますが、従来のものと比べると50%ほどコスト削減になるという結果が出ています。
また、お湯を沸かす機能以外にもガス温水暖房が使えるものだと、35%以上カットすることができるとされています。
このように、高い効果を得ることができるため、買い替えても後悔はしないはずです。
ハイブリッドタイプにも様々な種類があるため、環境や漢族の人数、使い方などにふさわしいものを選ぶようにしましょう。
号数が合わなければ、お湯が足りなくなったりと使いにくさを感じることもあるため、注意してください。
どれが適切か分からなければ業者に相談するのも一つの方法です。