ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の正しい取り付け方を知ろう

● 給湯器の正しい取り付け方を知ろう

●正しい方法がある
正しい方法がある

給湯器は、ただ置けばいいわけではありません。
正しい取り付け方があるのです。
その正しい取り付け方を行わなければ、給湯器が使えません。
また、本体の寿命も短くなる恐れがあります。
基本的には業者が取り付ける事になりますが、誤った施工が行われないように、依頼主も正しい取り付け方を知り、しっかりチェックする事が大切です。
すでに設置されているものと交換する場合は、まず初めに古いものを配管から取り外します。
そして、新しいものを設置して配管をはめ込んでいくというシンプルな作業ですが、実際に行ってみると大変な作業です。
また、配管は使用するパイプの口径が適切なものでなければ、パイプ内の圧力や温度の低下でエネルギーの損失が起き、最大限の能力を発揮することができません。
現在使っている種類や状況によって具体的な方法も異なるため、必ず業者に作業してもらうことが大切です。

● 素人ではできない
素人ではできない

新しく設置した際に、すぐに不調が起きたりトラブルが発生したりした場合は、正しく設置されていない可能性があります。
一般的な工事には安い場合だと6000円、高い場合は17万もするため工事費を削減しようと、素人がDIY感覚で取り付けてしまったというケースもあるのではないでしょうか。
DIYが得意でも給湯器や配管の知識がなければ完璧に施工する事はできません。
実際に、知識や経験のない素人が行ったことでトラブルが起きてしまった例もあります。
また、ガス式はガス整備士という資格がなければ扱うことができないため、無資格は行ってはいけません。
電気タイプは配管工事だけでなく、電気配線の工事が必要になることがあり、電気工事士の資格を持っていなければ作業できません。
このように、誰でもできる施工ではないため、コスト削減のためだけに素人が行わないようにしましょう。
実際に、トラブルが起きてしまった時は、被害が拡大する前に業者に連絡をしてください。
プロにお願いをすると、すぐに改善されるはずです。
一度、連絡をしてみてはいかがでしょうか。