ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の故障が原因でシャワーの温度が上がらない時には

● 生活スタイルに合わせた給湯器の選び方とは

●生活スタイルに合うものを選ぼう
生活スタイルに合うものを選ぼう

給湯器を交換したり、初めて設置するという人は生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。
給湯器には様々な種類がありますが、生活スタイルに合ったものを選ばなければ使いにくく快適さが失われます。
しかし、どのような基準で選べば生活スタイルに合うのかわからない人が多いのではないでしょうか。
選び方のポイントがいくつかあります。
一つは、どのように設置するかです。
設置したい機種があっても自宅に取り付けることができなければ、無駄な買い物となります。
失敗しないためには、現在使っているものと同じものを選ぶことです。
初めて導入するという家庭は業者に要望を伝えて適切なものを選んでもらうといいかもしれません。
二つ目のポイントは能力です。
能力は号数でわかります。
数字が大きくなるほど能力が高く、お湯を作り出す力が大きいということです。
能力が高い方が使いやすいイメージがありますが、号数が上がれば費用も高くなるため、余裕がありすぎないように気をつけてください。
しかし、ギリギリの号数を選ぶと足りなくなる可能性もあります。
冬は夏と同じパワーでお湯をつくることができないため、少し余裕を持たせる必要があります。

● 機能と予算?
機能と予算

三つ目のポイントは機能です。
給湯器には湯沸機能がついていますが、オートとフルオートの2種類があります。
オートは自動で追い焚きやお湯はりをし、フルオートはそれに加えて自動で足し湯してくれるためとても便利ですが、あまり使わないようであれば無理にフルオートにする必要はないでしょう。
シャワーのみの日が多いという場合はオートで問題ありません。
四つ目は予算です。
どれくらいの費用がかかるのか気になるでしょう。
最新機種がいい、機能が全部搭載されていて号数が大きい方がいい、などと要望は人それぞれ異なりますが、予算を考えて選ばなければなりません。
予算とのバランスを考えて決める際は、本体費用や工事費だけでなくランニングコストも考慮することが大切です。
どんなに本体価格が安くてもランニングコストが高ければ結果的に支払額が大きくなり、お得ではありません。
そのため、どれくらいのランニングコストがかかるのかも計算する必要があります。
このようなポイントを参考にぴったりなものを選んでみてはいかがでしょうか。