ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の価格に差がある理由について

● 給湯器の価格に差がある理由について

● 業者ごとによる給湯器の価格差が生じる理由
業者ごとによる給湯器の価格差が生じる理由
給湯器の価格差が業者ごとに生じる理由となるのは、仕入価格が異なるためです。
安く仕入れることができるメーカーであるのなら、安い価格での販売が実現します。
さらに、インターネットを通じての集客に特化している業者の場合は人件費を抑えられるため、安い価格での販売につながります。
もちろん、性能が異なると価格差は生じます。
ランニングコストやイニシャルコストを考えての選択をするのがよいでしょう。
また、ガス会社の給湯器の価格が高いという点も覚えておくべきです。
ガス会社の製品はブランド名で売られており、自社の利益分を上乗せして高くなります。
機能や性能に差がないのに価格が高くなるのは納得ができないと思うのは当然です。
ほかの業者が販売する製品は直接仕入れることで、あるいは大量に仕入れることで価格を抑えられます。
定価よりも安く交換ができる一方で、ガス会社はすぐに交換できることやメンテナンスに対応しているといったメリットがあります。
給湯器を交換する場合はガス管接続の資格と給水管接続の資格を持ってないといけません。
スムーズに対応してもらいたいという点を考えるのなら、ガス会社に依頼するのが望ましいといえます。
安心できるサポートが備わっているのが、給湯器の価格は高くても注文する人が多くなる理由です。

● まずは見積もりを取るのがおすすめ
まずは見積もりを取るのがおすすめ
どの業者を選択するかによって価格差が生じるのはもちろん、サポート内容も異なります。
慎重に選択するためにはまずは見積もりを取るのがよいでしょう。
様々な業者に依頼をすることで、単純な価格差だけで判断するのではなく、長期的な視点で考えるのがおすすめです。
給湯器だけを自分で購入して取り付け会社を探す方法もないわけではありません。
故障や交換が必要なときにすぐに対応してくれる安心感は大きいといえます。
さらに、給湯器は10年程度使い続けることになるため、総合的に判断して選択すべきです。