ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器交換の工事内容と工事にかかる時間とは

● 給湯器交換の工事内容と工事にかかる時間とは

● 給湯器の交換工事にかかる時間の目安
給湯器の交換工事にかかる時間の目安
給湯器の交換工事にかかる時間はケースバイケースであるものの、おおよその目安はあります。
すぐに交換できる場合は半日程度で新しい給湯器がつきます。
しかし、給湯器を取り扱っている会社に在庫があるという条件があります。
取り寄せになってしまう場合は1週間程度の期間がかかるため、その間お湯が使えないのが不便極まりないといえるでしょう。
その場合、別の給湯器を付けるという選択肢に入れた方がよいでしょう。
さらに、燃料を変える場合の大規模な工事の場合は浴室そのものが使えなくなります。
工事日数も数日はかかると覚えておいた方がよいでしょう。
特に冬場は給湯器の故障が多いため、業者に依頼が殺到します。
想定以上に時間がかかってしまう場合もないわけではありません。
日頃から定期的に点検をして、給湯器の調子に問題がないかを調べておくのが大切です。

● 給湯器が壊れる前触れについて
給湯器が壊れる前触れについて
給湯器が壊れる前の前触れをキャッチしておけば、もしも給湯器は壊れてしまった場合もスムーズに対応ができます。
作業音が大きくなった、燃焼時の臭いが気になるといった場合は要注意です。
さらに、本体から水漏れしている、点火時に大きな音がする場合も前触れと認識した方がよいでしょう。
製造されてから10年以上経っている場合は修理するよりも、交換を視野に入れるべきです。
修理が不可能な場合があるとともに、新しい給湯器に交換した方がスムーズです。
スイッチを入れても動かずに燃焼しない場合やリモコンにエラーが表示されて解消されない場合は、修理が困難な場合が多くなります。
給湯器の交換に伴う工事が必要になると、その間はお湯が使えない生活を強いられます。
半日程度であるのなら問題ないと考える人もいるものの、数日間となると大きな問題になるはずです。
壊れてしまってから対応するのではなく、壊れてしまうことを想定した事前に対応した方がよいでしょう。