ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

マンションの給湯器の交換するときのポイント

● マンションの給湯器の交換するときのポイント

● マンションの給湯器を交換する前のチェックポイント
マンションの給湯器を交換する前のチェックポイント
マンションに住んでいる人が給湯器を交換することもあります。
給湯器を交換する時のポイントを知っておきましょう。
マンションの給湯器を交換する時には、設置スペースの確認が必要です。
現在使用しているスペースよりも、大きいか小さいかで対応は変わります。
マンションに設置する場合には、給湯器のタイプも確認する必要があるのです。
同じタイプのものを設置するのが、セオリーであるものの、追い焚き用パイプを設置する必要がある場合もあるでしょう。
マンションの規約で許可されないこともあるため、事前に管理組合に確認しておきましょう。
工事業者に依頼する時には、必要な資格を持っていること、アフターサポートが万全であるのかを確認することが重要です。
マンションの給湯器の換え時は10年~15年になります。
急な故障などではない時は、適切なタイミングであるかを判断することが必要です。
一般的に交換費用は、給湯器の本体価格と設置費用を合わせた金額になっています。
本体の相場は備わっている機能によって異なるものの、家庭用タイプの場合は15万~45万円ほどとなります。
また、設置費用は給湯器のタイプを変更しない工事の場合は、2万5000~5万円前後です。
工事業者によって価格やサービスが異なるので、事前に確認が必要です。

● 給湯器選びのコツ
給湯器選びのコツ
マンションの給湯器を交換する時には、給湯器を選ぶ必要があります。
給湯器の選び方を知っておきましょう。
給湯器にオート機能が備わっている場合は、追い炊きや保温、お湯張りを自動で行ってくれます。
大人数の家庭の場合は、備わっていると便利な機能です。
また、給湯能力も確認して選ぶようにします。
号数が大きい給湯器ほど、多くのお湯をつくれるため、どの号数がよいかを考える必要があります。
マンションで取り付けられる給湯器の形態は限られているため、基本的に同じ設置形態のものを選択するのが望ましいです。
最近では、省エネタイプのものなどもあるので、迷ったときには業者に相談して選ぶようにするのもポイントになります。