ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の温度が安定しない理由とは

● 給湯器の温度が安定しない理由とは

● お湯の温度が安定しない理由とは
お湯の温度が安定しない理由とは
日常生活に欠かせない給湯器ですが、突然トラブルが発生することがあります。
例えば、温度が安定しないというトラブルです。
安定した温度でお湯が出ないとき、故障を疑いますが故障だけが原因とは限りません。
温度が安定しない理由について知っておくと、適切な対処をすることができるでしょう。
給湯器の温度が安定しない理由の一つは、冷水サンドイッチ現象です。
マンションで設置されていることが多いガス給湯器では冷水がガスバーナーで温められた熱交換器の中を通ることによってお湯になります。
給湯器の火を落とすと熱交換器に残ったお湯が冷めますが、この状態で再び点火をして蛇口をひねると熱いお湯、熱交換器内に残っていた冷めたお湯、給湯器で温められた熱いお湯が交互に出てくるのです。
このことを冷水サンドイッチ現象と言います。
この現象は、給湯器の進化によって見られなくなってきていますが、古い給湯器は冷水サンドイッチ現象が発生することがあるため、温度が安定するまでお湯を出しっぱなしにするなどの工夫が必要です。

● 故障が原因の場合がある
故障が原因の場合がある
水圧の変化も温度が安定しない理由として挙げられます。
蛇口は、お湯と水が配管内で混じり合って適温にするサーモスタット式と、蛇口のひねり具合で温度を調節するハンドル式がありますが、ハンドル式は水圧が変わると温度が変化します。
例えば、キッチンや洗面所で水を使っているときに浴室のシャワーを使うと水圧が下がってしまうなどです。
古いマンションやアパートでは全ての部屋の配管が繋がっているということもあります。
この場合は隣人が水を使っているだけで温度が安定しません。
他にも、ガス栓や給湯器の元栓が開き切っていないことや、温度調整のセンサーのミスなどで温度が安定しないこともあります。
給湯器そのものが故障している可能性も考えられるため、温度が安定しない場合は放置するのではなく、給湯器の業者に連絡してください。
故障したまま給湯器を使い続けると、一酸化炭素中毒などの危険性があります。
故障している場合は新しい給湯器に交換することをお勧めします。