ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

マンションの給湯器が故障した場合

● マンションの給湯器が故障した場合

● 故障かどうかを確認しよう
給湯器付近のあるアルミが錆びてしまう理由
マンションに設置している給湯器が故障したとき、お湯が使えなくなるため生活に支障が出ます。
できるだけ早くお湯が使えるようにするために、故障したときの対処法について知っておきましょう。
お湯が出ないことや、設定した温度のお湯が出ない場合は、給湯器が故障したように思われがちですが、故障ではない可能性もあるため確認してください。
止水栓や元栓が閉まっていたり、水抜き栓のフィルターにゴミが詰まっている、ガスの供給が遮断されている、ブレーカーが落ちていたり電源プラグが外れているなどのトラブルによってお湯が出ないことがあります。
これらに問題がない場合は、故障している可能性が高いです。
一般的に、給湯器には適切な温度で安全に使用するための安全装置がついており、異常事態が発生すると安全装置が作動して給湯器が使えなくなります。
安全装置が作動する原因は、長時間の使用によって酸欠や経年劣化が生じ、熱交換器が詰まるなどです。
安全装置が作動したかどうかは素人では判断できません。
給湯器の業者に確認してもらいましょう。

● 故障したときに確認することとは
故障したときに確認することとは
給湯器が故障したときは、まずどのような不具合が発生しているのかを把握することが大切です。
例えば、お湯が出ない、水が漏れてきている、黒煙が出ている、エラーコードがパネルに表示されているなどです。
症状と箇所を業者に伝えるとスムーズに対処してもらうことができます。
また、給湯器の種類やメーカー、型番、製造年月日も確認してください。
マンションはガス給湯器が使われていることがほとんどです。
しかし、ガス給湯器にもバランス式風呂釜や給湯専用ガス給湯器、追い炊き機能付きガス給湯器など様々な種類があります。
マンションに設置されている給湯器がどのタイプに当てはまるかは確認しておいた方がいいでしょう。
給湯器が故障したとき、再点火しようとする人がいますが、一酸化炭素中毒になる危険性があります。
突然のトラブルに焦りがちですが、何度も点火ボタンを押してはいけません。
また、タオルをかけたり、排気口や吸気口をふさいだりするのは、とても危険です。
自分で直そうとせずに給湯器業者に連絡してください。