ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の配管について

● 給湯器の配管について

● 給湯器の配管
給湯器の配管
これから給湯器を設置しようと考えている人もいるでしょう。
給湯器は配管を接続して設置する必要があるため、配管工事をしっかり行わなければ正しく使うことができません。
特に、ガス給湯器は必ず配管工事を行う必要があります。
配管工事が適切でなければ、給湯器の寿命も短くなります。
そのため、給湯器の設置を検討している人は配管についての知識も身につけておくことが大切です。
配管とは、液体や気体、粉体などの物体を運んだり、密封、蓄圧したり、配線などの保護を目的にパイプやチューブ、ホースを取り付けることを言います。
配管にも水道管、排水管、消化管、ガス管などの種類がありますが、給湯器の配管はほとんどガス配管と関係しています。
ガス会社とガス管を連結することで燃料ガスを送ることが可能となります。

● 配管工事は業者に依頼しよう
配管工事は業者に依頼しよう
すでに給湯器を設置している家庭のほうが多いでしょう。
新しい給湯器に交換する場合は、古い給湯器から配管を取り外さなければなりません。
取り外した後、新しい給湯器を設置して配管をはめ込みます。
簡単な作業のように思えますが、実際に配管工事をすると素人では難しいです。
その理由は、口径が異なるパイプを使用すると管内の圧力や温度の低下でエネルギー損失が発生するからです。
また、下水道とつなぐ液体配管は、冬になると凍結が発生する可能性があるため、配管の破損にも注意が必要です。
使用している給湯器の配管の種類や環境によって配管工事の方法が異なります。
配管工事が適切に施されていない場合、すぐにトラブルが発生するでしょう。
例えば、ガス漏れや水漏れ、給湯器が正常に動かないなどです。
配管トラブルの主な原因は、取り付け工事に不備があると考えられます。
配管工事の費用をおさえるために、DIYを行う人もいるでしょう。
しかし、配管はトラブルが発生しやすいため、自分で配管工事を行わずに、業者に依頼してください。
中には不良業者もいるため、業者選びも慎重に行うことが大切です。
配管工事費用は、業者や現場の状況によってことなります。
一般的な費用は6000円から17万円です。
この費用の違いは、対応する内容によって大きく変わってきます。
例えば、水圧調整は6000円から15000円程、給水管破損修理は1万円から3万円、給湯官漏水修理は12000円から4万円程が相場でしょう。
まずは業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。