ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器が設定温度より高くなる場合

● 給湯器が設定温度より高くなる場合

● 給湯器の設定温度より熱くなる原因
給湯器の設定温度より熱くなる原因
お風呂や台所などで毎日何気なく使っている給湯器ですが、急に使えなくなるととても困ってしまいます。
そんな給湯器のトラブルで多いものの一つが、設定温度よりもお湯が熱くなってしまうというものです。
設定温度よりも熱くなってしまう原因としては、ガス栓や給水元栓が全開になっていないことがあげられます。。
その他には、熱い時に低い温度のお湯を出そうとしたときなど、気温の影響で設定温度よりも熱いお湯が出てしまうことや、少量のお湯を出そうとしたときに、熱いお湯が出ることもあります。
上記に異常が無い場合、給湯器本体の故障が原因かもしれません。給湯器は10年前後が寿命と言われていますので、それを超えていた場合、故障していてもおかしくありません。
買い替えの時期でもありますので、お買い換えを検討してみてもよいでしょう。
逆に使い始めたばかりであれば、給湯器本体の修理も視野に入れてよいでしょう。

● 給湯器の設定温度より熱くなる場合の対策
給湯器の設定温度より熱くなる場合の対策
熱いお湯が出て困ったとき、次のことを調べてみましょう。
まずリモコンを確かめましょう。
普段あまり変えることが無いと思いますが、たまたま変えていたり、子どもが触っていたりして変わっているケースもあります。
また、リモコンにエラー番号が出ていれば、それを控えておきましょう。
メーカーに問い合わせる際、スムーズに対応してもらえます。
リモコン周りに異常が無ければガス栓の点検をします。
ガス栓が中途半端に開いていないことを確認しましょう。
ガス栓とリモコン周りに原因が見つからない場合、給湯器自体が故障している場合があります。
給湯器の使用年数が長い場合は買い替えも考えなければなりません。
新しい場合は修理が可能なケースもあります。
大問屋株式会社では、ガス給湯器などの水回り工事をお安く、迅速に行っています。
給湯器のトラブルは出来るだけ早く解決したほうがよいです。
そんなときに便利な、スピード見積もりも行っておりますので、忙しい人でも自宅から相談可能です。