ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器における凍結対策とは

● 給湯器における凍結対策とは

● 凍結の原因
凍結の原因
冬になると気温が下がり給湯器が凍結してしまうことがあります。
滅多に雪が降らない地域であっても、凍結対策が必要です。
給湯器が凍結すると、お湯が使えなくなりお風呂やシャワーに入れないなど、日常生活に支障がでます。
凍結してしまった場合、無理に給湯器を動かそうとすると故障してしまう恐れがあるため、凍結対策をしてトラブルを未然に防ぎましょう。
給湯器の凍結は、配管の中に残っている水が凍りつき、点火操作ができなくなるため、お湯が出なくなってしまいます。
また、水が凍結すると体積が増え、配管が壊れる恐れもあるでしょう。
寒い日が続く時期に、長い間給湯器を使用しなければ凍結のリスクが高まります。
旅行や出張など、長期間給湯器を使わない場合は凍結対策が欠かせません。

● 凍結対策について
凍結対策について
給湯器の凍結対策は、電源プラグを抜かないことです。
長期間使用しない場合、電気代が勿体ない、電源プラグを抜いた方が凍結しないといった間違ったイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、電源プラグを抜くと、凍結防止装置まで作動しなくなります。
必ず、電源プラグをさしたままにしてください。
運転スイッチを切って、水を細く出しっぱなしにするのが正しい凍結対策です。
水を流し続けていると凍結がしにくくなるため、お風呂や台所、洗面所の蛇口を開けます。
追い炊き機能が付いているお風呂は、循環アダプターより5㎝ほどお風呂のお湯を張っておきましょう。
自動的に水が循環して凍結対策になります。
また、水道管に凍結防止のテープを貼ることも対策になるでしょう。
給湯器の凍結は防げても、蛇口に繋がっている水道管が凍結することがあるのです。
水道管に凍結防止テープを貼り、毛布を巻きつけておくだけで凍結対策になります。
凍結対策をしていても、給湯器が凍結することもあるでしょう。
その場合は、水道管に熱湯をかけて解凍してください。
しかし、給湯器そのものが凍結し、点火できない状態であれば給湯器業者に依頼する必要があります。
誤った方法で解凍作業をすると、漏電や水道管が破裂する恐れがあるため、業者の対応を待ちましょう。