ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器を交換する際の費用

● 給湯器を交換する際の費用

● 給湯器の交換するときに掛かる本体費用
給湯器の交換するときに掛かる本体費用
給湯器の交換をする時に掛かる費用に、本体の購入費用があります。
今まで使用していた給湯器が古くなったり、壊れたりしたことによって新しいものと交換するため、新しい本体を購入する場合、ある程度の費用が掛かってきてしまうでしょう。
また、新しい本体の費用相場は給湯器の種類によっても大きく異なります。
例えば、お風呂の給湯器は、追い炊きなしのタイプであれば20万円程度が相場です。
しかし、便利な機能が付けば費用も高くなります。
追い炊きがあるタイプになれば費用相場は30万円程度です。
全自動機能が付いていると費用相場さらに高くなり、30万円から40万円程度になります。
購入するお店によっても本体の費用相場は異なってくるため、お店によって割引率が大きければ、安い価格で本体を購入することが可能です。

● 給湯器の交換をするときに掛かる工事費用
給湯器の交換をするときに掛かる工事費用

給湯器の本体を新しく購入したら、交換のために工事をしなければなりません。
そして、この工事にも費用は掛ります。
標準的な工事をする場合、相場は3万円から5万円です。
高い給湯器だから工事費用が高くなることや、安い給湯器だから工事費用も安く済むということではなく、工事を依頼する業者によって費用が異なり、大きく費用が変わることもありませんが、いくつかの業者に見積りを出してもらうと安心でしょう。
工事を依頼する場合、給湯器のメーカーに直接頼んだり、販売店や施工業者に依頼したりすれば行ってもらえます。
しかし、今までとは異なる設置場所にする場合には、工事の費用が比較的掛かることは考えられるでしょう。
工事をしてもらう場合も、本体を購入する場合も、どの程度の費用が掛かるかは気になる点のため、まずは見積もりを出してもらうのがおすすめです。
また、複数の会社から見積もりを出してもらえば比較検討をすることもでき、サービスなどが納得のいく良いところに頼むことができるでしょう。