ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器における号数とは

● 給湯器における号数とは

● 給湯器は号数について
給湯器は号数について
給湯器の号数というのは、専門的な知識を持っている人でなければ、あまり知られていないことが多いです。
しかし、給湯器の号数と給湯能力の違いについて把握しておくことが、正しい選び方に繋がります。
給湯器は温度の高いお湯を必要な時に沸かして、お湯を出してくれるとても便利なものです。
また、同じタイミングで出せるお湯の量には制限があります。
1度にどれだけのお湯の量を出すことができるのか、この給湯能力を表しているのが号数です。
例えば、20号を使用した場合には、水温より25度温度の高いお湯が、1分あたり20リットル作り出されだけの給湯能力があるということです。
号数が大きければ大きいほど、一度にまとめて使用できるお湯の量が増え、給湯能力が高いことになります。

● 号数の選び方
号数の選び方

給湯器の交換や修理を検討している人は、現在使用している給湯器が1度にどのくらいの温度のお湯が作れるのかを確認しておきましょう。
給湯器選びは家族構成などから、どの号数が最も適しているかを確認することが正しい選び方です。
特に、温度や水量にも不満等もなく、お湯を使用できるのであれば良いのですが、使用するお湯の量よりも号数が少なすぎたり、大き過ぎたりするのは不便さを感じる原因になります。
しかし、子どもが生まれたり、家族が増えたりするなどといった場合には、号数を今よりも大きくする必要があるでしょう。
例えば、普段ピンポイントでお湯を使用するだけであれば、16号の給湯器の選び、3人家族程度であれば20号で事足ります。
4人家族など一度に2箇所でお湯を使うこともある場合には、24号ぐらいの給湯器があると不便さを感じないでしょう。
また、4人以上の家族となった場合には、24号以上の給湯器があると、どこでお湯を使用してもしっかりとお湯の量が確保でき、快適に生活することができます。
このような給湯器の号数はどのような生活をしているのか、家族は何人いるのかなどによって選び方が違ってくるため、事前に必ず確認をしておくのが正しい選び方です。