ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器における異臭の原因

● 給湯器における異臭の原因

● 給湯器から異臭
給湯器の設置場所
給湯器から異臭がすることがあります。
特に、給湯器周辺からガスの臭いがしたときには、すぐに対処しなければなりません。
異臭の原因を知り、適切な対処をしましょう。
まずは、給湯器の異臭がどんな状態なのかを確認します。
たとえば、ガス臭い、こげ臭い、生臭い、酸っぱい臭いなどです。
異臭の種類によっては、爆発、火災の危険性があるため、正しい対処法を知っておくことが大切です。
ガス臭いときの原因は、プロパンガスの残量不足やガス漏れが主な原因として挙げられます。
その理由は、ガス残量が少なくなると臭い成分が沈殿するためです。
しかし、プロパンガスが十分な場合や都市ガスを利用している場合は、ガス漏れの可能性が高いため、放置せずにガス会社へ連絡してください。
給湯器に火を近づけないようにしましょう。
こげ臭い臭いがする場合は、給湯器の中で埃がつまっており、不完全燃焼が生じている可能性があります。
生臭い場合は電気給湯器に生じやすいです。
滞留水から異臭が発生している可能性があります。
酸っぱい臭いがする原因は給湯器そのものに不具合が発生していることが考えられるでしょう。

● 異臭以外の異常
集合住宅と一戸建て住宅では設置場所が異なる
異臭と同時に煙も発生していないか確認してください。
黒煙が発生している場合は、不完全燃焼を起こしているため、給湯器の修理や交換が必要です。
また、熱効率も落ちている可能性があります。
交換しなければならないでしょう。
給湯器の知識を持っていない素人が、異臭の対処をするのはとても危険です。
ガス漏れしていると非常に危険であるため、まずはすぐに換気してください。
換気をしなければ室内にガスがたまり、一酸化炭素中毒になる危険性があります。
また、異臭したまま給湯器を使用し続けてはいけません。
ガス漏れが悪化する原因となります。
給湯器の専門業者に依頼し、対処してもらいましょう。
異臭の他に異音がするなどの異常がある場合には、その症状も伝えてください。
異臭以外にも給湯器の故障を示すサインがあります。
たとえば、お湯が出ない、温度にばらつきがある、白濁などです。
いずれも給湯器に異常が発生しており、寿命や交換時期を迎えている可能性があります。