ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器のエラーコードについて

● 給湯器のエラーコードについて

● 給湯器がエラーコードを表示しているときには
給湯器がエラーコードを表示しているときには
現在の給湯器は、かなり高性能になってきており、室内にモニターが取り付けられていることも多くなりました。
リモコンになっているタイプですが、エラーコードを表示することがあります。
何らかの問題が生じている可能性があり、対応を考えていかなければいけません。
エラーコードの内容としては、もっとも多いのが水漏れになるでしょう。
原因はいくつもありますが、内部のパッキンの劣化といったことが起きていることがあります。
経年劣化から生じるもので、放置しておくのは危険なため、給湯器の修理を依頼するのが一番です。
お湯が出ないといったこともエラーコードと重なっている場合、断水しているかどうかを確認します。
冬場に凍結していることもあるため、これがエラーコードにつながっている場合があるため、まずは確認が必要です。
こうした原因が特定できることはいろいろと出てくるため、切り分けを進めてから、内容によって修理を依頼するといいでしょう。

● 取扱説明書から判断していく
取扱説明書から判断していく
エラーコードを表示しているときには、メーカーによって判断ができるようになっています。
取扱説明書を見ると、その内容を確認できるはずです。
そこから修理の依頼をするといった対応を考えていく必要があります。
エラーコードといっても、給湯器が深刻な問題になるような故障しているというわけではないこともあります。
ガス栓が何らかの現象で閉じられているといったこともありますし、水抜きのドレンのフィルターが汚れて流れないといったことでエラーが出ることもあるからです。
こうした内容の場合には、だれで給湯器を修理もできるように、取扱説明書に指示が記載されているはずですので、確認してから依頼すると間違いありません。
もちろん、内容によっては給湯機本体に問題が生じ危険なこともありますので、その時には使用を中止し、修理の依頼をすることが大切です。