ガス給湯器、水回り工事は創業34年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン
コラム

給湯器の前方排気型とは

● 給湯器の前方排気型とは

● 給湯器のタイプ
給湯器のタイプ
給湯器の導入を検討している人は、給湯器の種類について知っておきましょう。
給湯器は排気方法に種類があります。
一戸建てとマンションによっても適している給湯器の設置方法が異なります。
一戸建て住宅の場合は、浴室に近い場所に設置することが多いです。
壁を隔て、浴槽に隣接した屋外に据え置き設置することが多いでしょう。
給湯器の設置条件に該当していれば、自由に設置することができます。
しかし、マンションのような集合住宅はベランダの外壁に設置する屋外壁掛けタイプか、PS設置タイプが多いです。
一戸建て住宅とは異なり、マンションはスペースに限りがあるため選択できる自由度が少なくなるでしょう。
また、マンションの玄関横などにあるパイプスペースに設置してあり、給湯器本体が扉の中にあって扉を閉めると排気口だけが見えるものを、PS扉内設置型、前方排気タイプと言い、前方排気タイプは名前の通り排気の方向が前を向いています。
マンションの玄関横のパイプスペースに設置されており、扉がなく給湯器本体が見えるものも前方排気タイプです。
これをPS標準設置型と言います。
PS標準設置型も排気が前を向いているタイプです。

● 設置基準を守ろう
設置基準を守ろう
マンションに住んでいる人の中で、給湯器の買い替えを検討しているのであれば、現在使用している給湯器のタイプを同じものを選ぶことがおすすめです。
また、メーカーサイズに合わせてパイプスペースをつくっていることが多く、基本的には同じメーカーのものと交換することになります。
PS設置タイプの前方排気を使用している場合は、同じタイプの給湯器と交換しましょう。
給湯器には設置基準があります。
便利な給湯器ですが、安全に使用するための設置基準を守らなければ、不完全燃焼などの事故が発生する可能性があるのです。
実際に、不完全燃焼の事故が起きています。
設置基準で決められていることは、機器と排気口、壁までの距離です。
他には、ガス給湯器付近に置いてはならない素材にも決まりがあります。
パイプスペースの制限や、PS設置タイプの中でも好みのものがありますが、設置条件を必ず守るようにしてください。