ガス給湯器、水回り工事は創業32年の大問屋へ|東京・名古屋・大阪・福岡で展開中!

無料見積り・ご相談

  • メニューボタン
  • 0120-240-108
0120-240-108
お問い合わせボタン

給湯器についての知識

冬場の水場やお風呂など、日常生活にお湯は欠かすことができません。
お湯が必要なときに、沸かして使用できるようにするのが給湯器の役割です。
しかし、お湯を沸かすためにガスや電気を使用するため、トラブルが発生すると故障や重大な事故に繋がる恐れがあります。
異音や異臭、お湯の温度が一定にならない、追い焚きができないなどトラブルの前兆、故障の症例は複数あるため、知っておくことで気づくことができるでしょう。
また、寿命の問題や経年劣化により、部品交換が必要な場合もあるため定期的な点検も必要です。
劣化、故障具合により掛かる費用も異なるため、見積もりを出してもらうこともできます。
異変気がづいたら、直ちに使用を中止して専門業者へ依頼しましょう。

給湯器を使用していると水漏れトラブルが起こってしまいますが、このほとんどはゴム製部品の劣化が原因です。7年~10年で破損してしまいますので、水が漏れたらバルブを閉めましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器はサーモスタットによって温度調整を行っていますが、これが故障することでお湯が出なくなることがあります。サーモバルブは交換出来るので業者に修理を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器のブレーカーは漏電による火災を防ぐ役割を持っています。そして、漏電ブレーカーは水漏れが原因で落ちる仕組みなので、事故に繋がる前に専門業者に依頼してください。

・・・つづきはこちら

給湯器には様々な種類があり、マンションのような集合住宅はベランダの外壁に設置する屋外壁掛けタイプか、PS設置タイプが多いです。PS設置タイプの種類にも前方排気があります。

・・・つづきはこちら

故障した給湯器を修理するか、交換するかを考えるときは、保証期間と給湯器の寿命がポイントになります。保証期間内であれば無償で修理を受けられるため、交換するよりも修理がおすすめです。

・・・つづきはこちら

給湯器はメーカーにこだわるだけでなくトラブルを防ぐ対処法を知っておく必要があります。給湯器は冬に凍結などのトラブルが発生しやすいです。凍結を防ぐ水抜きについて知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器からガス漏れを感じた時には、非常に危険ですので、修理などの対応を考えていかなければいけません。専門業者に依頼するとともに、一定期間を過ぎたら交換も視野に入れる必要があります。

・・・つづきはこちら

給湯器が動かないといった症状を出した時には、修理の依頼の前に電源を切るという対応を考えるといいでしょう。リセットする方法であり、これで直すことができることもあります。

・・・つづきはこちら

給湯器がエラーコードを表示する場合には、取扱説明書から内容を確認することが大切です。状況によっては、修理を依頼しないでも自分で対応できることがあるため、チェックするといいでしょう。

・・・つづきはこちら

給湯器の設置場所に悩むことも少なくありません。給湯器の導入前に給湯器の設置場所について知っておきましょう。集合住宅と一戸建てでも設置場所が異なります。スペースも考慮しましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器から異臭がすることがあります。異臭の原因を知り、適切な対処をしなければなりません。特に、ガス漏れしていると非常に危険であるため、まずはすぐに換気してください。

・・・つづきはこちら

これから給湯器の導入を検討している人は、給湯器の種類について知っておきましょう。熱源別の種類を知っておくことが重要です。それぞれの種類に特徴やメリット、デメリットがあります。

・・・つづきはこちら

これまでの給湯器も、生活に便利な自動湯はりや追い焚きなどの機能がついていましたが、進化した給湯器はスマートフォンを利用した見守り機能や、ヘルスケア管理機能がついています。

・・・つづきはこちら

住宅に必須の給湯器は、能力によって選んでいくところがポイントです。エネルギーとしてガスや電気、石油やハイブリッド式もありますが、対応できる人数を考えることが選び方として重要です

・・・つづきはこちら

給湯器は生活に欠かせない機材ですが、劣化もしていきます。メーカーや販売店がおこなう法定点検もありますが、自分でもさまざまなポイントから、異常を察知することができます。

・・・つづきはこちら

温度の高いお湯をつくる給湯器の号数は、1分でどの位のお湯を作れるのか、給湯能力を表しています。家族構成などによって使うお湯の量は違うので、給湯器の号数が良いかが正しい選び方です。

・・・つづきはこちら

給湯器にはオート機能とフルオート機能がついているものがあります。どちらも自動的にお湯はりやおいだき、保温をしてくれますが、フルオート機能には追加機能があります。

・・・つづきはこちら

給湯器を新しくする場合、新しい本体を購入する費用と古いものと新しいものとを交換するための工事費用が必要です。費用相場は本体が20~40万円、工事が大体3~5万円と言われています。

・・・つづきはこちら

給湯器の故障原因を知ることで、自分で対応することができ、修理や交換の判断ができるようになるでしょう。故障原因は、寿命や過度な負担、凍結、天気の影響が挙げられます。

・・・つづきはこちら

給湯器が故障した際は日常生活に支障が出るため、早く対処したいものですが、安心できる業者に依頼することが大切です。失敗しない給湯器業者の選び方を知り、トラブルを防ぎましょう。

・・・つづきはこちら

凍結した場合、無理に給湯器を動かそうとすると故障する恐れがあるため、凍結対策をしてトラブルを未然に防ぎましょう。誤った方法で解凍すると、漏電や水道管が破裂する危険性があります。

・・・つづきはこちら

給湯器は買い替えるのが大変でお金もたくさんかかってしまいますので、出来るだけ長く使いたいものです。
使い方次第では倍以上長持ちさせることも可能ですので、普段の生活からぜひ実践してみましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器のトラブルは生活に大きく影響しますので出来るだけ早く直したいものです。
設定温度よりも熱いお湯が出てしまうトラブルについて原因と対策を把握しておくことで、迅速に対応が可能です。

・・・つづきはこちら

給湯器のトラブルの一つに異音があります。
原因によっては一酸化炭素中毒や爆発など重大なトラブルに発展してしまうこともありますので、原因と対策についてしっかりと把握しましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器で沸かしたお湯が白く濁っていたと場合、濁りがあったからといって給湯器に原因があると決めつけてしまうと、無駄な出張費や点検費がかかることがあるため注意してください。

・・・つづきはこちら

給湯器は配管を接続して設置する必要があるため、配管工事をしっかり行わなければ給湯器は正しく使うことができません。配管のトラブルを防ぐためにも業者に依頼することをお勧めします。

・・・つづきはこちら

給湯器が設置されている付近にあるアルミや、給湯器の内部にある配管は錆の影響を受けやすいです。錆が発生すると様々なトラブルを招くため、被害に遭う前に業者に相談しましょう。

・・・つづきはこちら

マンションに設置している給湯器が故障したとき、お湯が使えなくなるため生活に支障が出ます。自分で直そうとせずに業者に連絡しましょう。業者に連絡する前に確認しておきたいことがあります。

・・・つづきはこちら

給湯器を使用しとき、安定した温度でお湯が出ないときは故障を疑いますが故障だけが原因とは限りません。温度が安定しない理由について知っておくと、適切な対処をすることができるでしょう。

・・・つづきはこちら

給湯器は故障する前に修理や交換することが大切です。前兆を見逃さないようにしましょう。設置してから10年以上経過している場合は、新しい給湯器に交換することをお勧めします。

・・・つづきはこちら

給湯器を交換する際の費用はメーカーや販売業者によって大きく異なります。給湯器メーカーから大量に仕入れることができる業者を選択すれば、どの製品を選択しても費用を抑えやすくなります。

・・・つづきはこちら

工事業者に依頼して、給湯器を交換する時には、一連の流れを知っておきましょう。交換する時の流れはスムーズです。給湯器には多くの種類や機能があるので最適な機種を選択することが大切です。

・・・つづきはこちら

マンションに住んでいる人が給湯器を交換することもあります。給湯器を交換する時のポイントを知っておきましょう。マンションの給湯器を交換する時には、設置スペースの確認が必要です。

・・・つづきはこちら

給湯器トラブルが発生した際は業者に依頼するのが一般的ですが、意外と簡単な理由でお湯が出なくなったということも多いです。業者を呼ぶ前に4つのチェックポイントを確認しましょう。

・・・つづきはこちら

給湯器にはガスと電気の2つがありますが仕組みが異なるため、それぞれの特徴を知った上で決めましょう。家族の人数が多く、シャワーの勢いにこだわりたい人はガス給湯器がおすすめです。

・・・つづきはこちら

給湯器を交換は業者に見積もりを依頼しますが、注意しなければならないことがあります。中には悪質な業者がおり、交換作業が終了した後に見積もり以上の金額を請求してくることもあります。

・・・つづきはこちら

給湯器の交換工事にかかる時間は早くて半日、取り寄せの場合は1週間程度かかります。燃焼を変える場合はさらに大規模な工事となって浴室そのものが使えなくなってしまいます。

・・・つづきはこちら

給湯器の耐用年数は10年が目安です。10年使用したら交換を視野に入れた方がよいでしょう。修理したくても製造終了している場合は交換できる部品がないため、まず交換が確実です。

・・・つづきはこちら

給湯器の価格に差がある理由のひとつは仕入価格に左右されるためです。大量に仕入れることで安く販売することができて、インターネットでの集客に特化している業者は人件費削減で安くなります。

・・・つづきはこちら

給湯器のトラブルに早く気がつくためには、点検が重要です。自分でできる点検を定期的に行い、トラブルを防ぎましょう。異常があった場合は、できるだけ早く業者に修理を依頼してください。

・・・つづきはこちら

給湯器が故障しやすい時期は冬と梅雨の時期です。この時期は業者も修理の予約でいっぱいです。しばらくお湯が使えない生活が続くことがないよう、故障のサインを見逃さないようにしましょう。

・・・つづきはこちら

石油給湯器は燃料である灯油を燃やすことで水をお湯に変える仕組みです。メリットとデメリットがあるため、特徴を理解した上で、どの種類の給湯器にするのか検討してください。

・・・つづきはこちら

給湯器の点火不良はよく起きるトラブルです。いきなり故障することもありますが、前兆を見逃していることも少なくありません。業者に依頼する前に自分でできる対処法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

戸建ての給湯器を交換する際に注意しなければならないことがあります。例えば、古いタイプの給湯器を使っている場合に、部品が入手困難になっている可能性があることなどです。

・・・つづきはこちら

給湯器のリモコンは操作するだけで、追い焚きができたりと便利な装置ですが、長年使っていると故障することも少なくありません。リモコンだけが壊れてしまった時の対処法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら